MFC   VC++   Visual Studio   Visual Studio   プログラミング

実行ファイルアイコン(Vista/7編)

 今回は前回のXP編に続きVista/7編を書いていきます。
 Vistaと7はほとんど違いがないため一緒にしました。

 基本的には前回とほとんど同じなので、今回は相違点だけを書いていくので、詳しくは前回の記事を参考にして下さい。

 まず、使用する実行ファイル、アイコンは前回と同様で、起動/実行に関する状況もまったく一緒なので省略します。

 XPとの違いが出るのはエクスプローラー上での表示で、Vistaからは256x256がサポートされるようになり、それに関する挙動に違いがでます。

エクスプローラー
 エクスプローラー上でのそれぞれの表示方法は上図のようになり、やはりここでXPとの違いが多く出ます。
 ちょっと図がわりにくいので、詳細を書くと、特大アイコン/大アイコン→256、中アイコン→48、中と小の間→32、小アイコン/一覧/詳細→16、並べて表示→48となっています。

 具体的にXPとの相違点を挙げると、今まで無かった大アイコン以上の表示で256の画像が表示され、デスクトップ上のアイコンが32から48になり、実行ファイル選択時に、今まではファイルの説明しか表示されなかったステータスバーにも256の画像が表示されます。
 ちょっとわかりにくいのですが、エクスプローラーの表示設定の「中アイコン」と「小アイコン」の間にだけ32が表示されます。

 特に面白いのがドラッグ中の画像とゴミ箱へ移動させるときの確認ダイアログ上の画像で、どんな表示方法のときでも大きさは違いますが256の画像が表示されます。
 しかし例外もあり、デスクトップ上では何故かドラッグ中の画像が48です。
デスクトップ drag ステータスバー

 冒頭でVistaと7はほとんど違いがないと書きましたが、相違点を挙げると、7ではエクスプローラーの表示方法に「コンテンツ」が追加されていて、その場合は32が表示されます。
 さらに、ステータスバーの画像が256から48になっています。

 ここで一応断っておくと、これらの実験はAeroを切った状態でしか行っていないため、状況が違う事があるかもしれません。
ランキングへ     posted by 遠雷 | Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。